マイホーム購入を考えた時、こんな悩みありませんか?

  • 営業マンのいわれるままの金額で、住宅ローンを借りても大丈夫なの?
  • この先、子供の教育費をきちんと払っていけるの?
  • 我が家に無理のない住宅ローンの金額は?
  • この予算で、老後も安心して暮らしていけるの?
  • そもそも我が家は住宅ローンが組めるの?

もし、このようなお悩みをお持ちの方でしたら、今からお伝えする情報は非常に役に立つはずです。

なぜなら、今からお伝えするのは『あなたが買っても大丈夫なマイホームの予算』を明確にする方法だからです。

この方法を知ることで、マイホーム購入後も安心して老後まで生活を送ることができるようになるでしょう。ですので、もしあなたがマイホーム購入に不安を感じていらっしゃれば、今からお伝えする内容をしっかりとご覧下さい。

マイホーム購入時のお金について分からないと・・

 こんにちは。マイホーム購入の相談を専門で行っている小澤と申します。

住宅購入は、人生最初で最後の最高額のお買い物という方がほとんどではないでしょうか?

しかし、そういったお買い物にもかかわらず、初めてであるがゆえに、営業マンの言われるままに住宅ローンや購入の予算を組まれている方が多いのではないでしょうか。このまま契約をしてしまって大丈夫なだろうかと、契約の前に不安になるのも無理はないと思います。

ことさら、お金に関することは、誰にでも聞くことはできず、また誰に聞いてよいのか。どうやって相談相手を探したら良いのかが分からない方も多いでしょう。

マイホーム購入を一度も経験していないあなたには、

 

  • 我が家はいくらまでなら購入しても大丈夫なのか?
  • この業者さんは大丈夫なのだろうか?
  • 諸費用はどのくらいかかるのか?・・

このようなことは、検討もつきませんよね?

しかし、そういったことが正しく理解できていないのに

 

  • 業者さんの言われるままに予算を決めてしまう。
  • 理想を追求するあまり、予算オーバーの金額であっても目をつむってしまう。
  • 頭金0でもOK、家賃並みの返済額という表現に弱い。

このように、安易な方法で物件を決められる方がほとんどではないでしょうか?

これはマイホーム購入の知識がないばかりに、起こってしまう現実です。

私はこのような物件の購入方法は、非常に危険だと思っています。なぜなら、予算を組まないでマイホームを購入してしまうと、次のような事態になる可能性があるからです。

住宅ローンの返済に追われる生活になってしまう。
教育費が不足してしまい、子供に心配・負担をかけてしまう。
ムリな節約生活になってしまい、生活がギスギスしてしまう。

では、適切なマイホーム購入の予算を知る方法とは?

では、一体とどうすれば、趣味や旅行をあきらめることなく、安心して暮らしていけるマイホーム購入の予算を知ることができるのでしょうか?

その答えは・・?

「売り手側」に立たない、第三者の立場に相談することです。

建築業者とは・・理由1

第三者の立場でない建築業者は、お客様にムリのないマイホーム購入予算は教えてくれません。建築業者は、1軒でも多くの家をなるべく高額な金額で売るのが仕事です。あなたがどうやったら建ててくれるのかを一生懸命考えています。

彼らは家を売ることはプロですが、残念ながら買った後の生活のこと。子育てのお金のことまではアドバイスしてもらえません。

金融機関とは・・理由2

また銀行も同様です。銀行はたくさんのお金を貸して、住宅ローンの利息を稼ぐことが仕事ですから当たり前ですよね。メインバンクとして利用してもらうことが目的なのですから。

言われると安心するかもしれませんが・・理由3

営業マンや銀行員から

「あなたなら、このくらいまで大丈夫ですよ(借りることができますよ)。」

と言われると安心するかもしれませんが、

借りることができる金額≠ムリなく返せる金額

なのです。

では、マイホーム購入の最初のステップは?

ステップ① まずはお問い合わせ下さい

まず最初に、電話かメールフォームでお問い合わせ下さい。ご連絡をいただけましたら、ご相談の日時を決めさせていただきます。ご相談場所も柔軟に対応させていただきます。

また、ご相談に関する質問や疑問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ステップ② 初回無料相談(約1時間)

実際にご相談を行ってまいります。

あなたが抱えている不安や悩みを教えて下さい。あなたのご要望をお聞きした上でお話をさせて頂きます。

専門用語を使わずに、分かりやすく説明をいたしますのでご安心下さい。

ステップ③ アンケートのご記入

ご夫婦で現在までの働き方、将来の計画、夢や思い描いている家の予算等をアンケートにご記入ください。

ご回答いただきました資料を基に、こちらで無理のないマイホーム予算の診断書を作成いたします。

少々お時間をいただきますが、楽しみにお待ちください。

ステップ④ マイライフプランのご提示(約1時間)

住宅ローンお聞きしたアンケートに基づき作成したマイホーム予算のご説明にまいります。

ここでは、あなたが購入しても大丈夫なマイホームの予算をお伝えします。

これはプロの目線から算出した、老後も安心して暮らして行けるための無理のないマイホーム予算です。

また、建てた後どのように家計の収支が推移していくのかを具体的な数値でデータ化した資料を作成、お渡しいたします。

ご相談の料金について

こんな風にお考えではありませんか?

「マイホームは、今すぐにでも欲しい。そもそも我が家は住宅ローンが組めるのかも分からない。でも何からどうしたらいいのか分からない。とりあえず、住宅展示場に行って、みようかな?」

このような買い方をしている方が現実多いのではないでしょうか。

しかし下記のコメントは、購入されてから3年経過し、住宅ローンの相談を受けたお客様のお話です。

「念願の夢のマイホーム。打ち合わせは楽しく、当初の予算よりアップしていったけれど、一生に一度の買い物。買い替えや建て替えはムリだから、少々アップも大丈夫と、結論を出し、契約をしました。

当時は、建物の代金で1000万円単位の話をしていたから、今思えば、感覚がマヒしていたのでしょうね。普段では大金の10万円が大した金額に感じず、オプションをかなりつけてしまいました。

しかし、3年後に銀行からの手紙を見てびっくり。金利が変わる住宅ローンだとは知らず、説明があったのだろうけれど、当時は家のことで頭がいっぱいで、話を聞き逃してしまったようです。

当時は月々の返済額は家賃+αだから大丈夫だと思ってしまいました。しかし、3年後に返済額がアップ。しかも子供も1人増えて、上は幼稚園へ通うようになりました。しかも妻もまだ2人目が生まれたばかりで働きには出れないし、固定資産税もかかるし、正直なところ月々余裕はありません。

そして、将来のリフォーム費用も貯めなければとは思っているけど、なかなかそこまでは回らず、子供の教育費は足りるのか。老後は大丈夫か・・・など、不安は尽きないです。・・・」

私は、あなたにこのようにマイホームを購入してからお金のことでドキドキした生活を送っていただきたくないのです。

先ほどもお伝えしましたように、マイホーム購入は一生で一番大きな、しかも最初で最後のお買い物になる方が多いことでしょう。

しかし選択を間違えてしまうと、その後の人生を左右すると言っても過言ではないのではないでしょうか。

このような不安をお持ちの方には、マイライフプラン(マイホームの予算算出診断)を受けていただくことにより、その不安を取り除くことができます。

この予算算出サービスは、5,000円(税抜き)の料金で受けていただくことが可能です。

まずは、初回の無料相談であなたのお困り事・お悩みなどをご相談いただきます。その上で、このサービスをご利用いただけるようであれば、上記料金をお支払いいただき、アンケートにご回答いただきます。

2回目の面談時にはマイライフプランをお受け取りいただくことができます。初回相談は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

相談のタイミングについて

このマイライフプラン(マイホーム予算診断サービス)を受けていただくタイミングですが、「いつかはマイホームを買いたいな。」そう思った時に受けていただくのがベストです。

なぜなら、そのいつかを知ることができるのも、このマイライフプランだからです。

マイホームの取得において、一番最初にやるべきことは、自分に適切な予算を知ることから始まります。例えそのタイミングが少し先であったとしても、今から準備しておくべきことがたくさんあります。

マイホーム購入がスタートしてからでは、打ち合わせで疲れてしまい、お金(住宅ローンの支払い)のことが二の次になってしまう方がほとんどです。いつもは大金に感じる万単位のお金が大した金額に感じなくなってしまいます。

これは、1000万円単位の金額を見ていると感覚がマヒしてしまうために起こってしまいます。注文住宅を建てられる方においては、ことさらその傾向が見うけられます。

これは、長年住宅業界で仕事をしてきた私が見ていた、お客様のほとんどの方の姿です。

ですから、まだ打ち合わせの始まっていない今だからこそ、受けていただくベストなタイミングなのです。

お電話でのお問い合わせはこちら

0565-89-8480

10:00〜18:00 平日・土日(不定休)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のお時間は柔軟に対応させていただきます。まずはご連絡ください。